歯医者でインプラントやいびき改善〜口腔内は問題なし〜

白い歯

虫歯を予防

医療器具

歯磨きをする時には、ほとんどの人が歯磨き粉を使うものであると思う。歯磨き粉を使うと歯がいかにもツルツルにになり、ミントの清涼感が口内をさっぱりさせ気持ちがいいのである。近年ではステイン(歯の着色汚れ)を落とすための歯磨き粉も登場しており、種類が豊富になってきている。
なぜ歯磨き粉を使うと歯がツルツルになるのか。それは、歯磨き粉に含まれる研磨剤によるものである。研磨剤が歯の表面に付着した汚れを捉えて磨くため、歯磨き粉を使用した後にはつるりとした歯になるのである。研磨剤は、使うタイミングによっては歯を削ってしまうことがある。たとえば、食事の直後には口内が酸性になっているため強く磨くと柔らかくなった歯を削ってしまう可能性が高い。そのため、食後に歯を磨く際には歯磨き粉を使わずに磨く方がよい。
歯磨き粉の多くは、清涼感を与えるためにミントの風味がついている。しかし、これは子どもにとっては使いにくいものである。子どもが歯磨き粉によって歯磨きに対する苦手意識を持たないよう、子供用の歯磨き粉はミントを含まない、イチゴやぶどう、バナナなどのフルーツの風味がついていることが一般的である。通常、歯磨き粉は練り歯磨きと呼ばれるペースト状のものである。
これに対し、液状の歯磨き粉は液体ハミガキと呼ばれる。液体ハミガキは口に含んですすぎ、その後歯磨きを行うためのものであり、デンタルリンスとは区別される。液状であるため歯茎の隙間などにも行き渡るため、新しいタイプの歯磨き粉として注目されている。